結婚式に包んでいくご祝儀額は、式場や食事、引き出物などの金額を考えて、3万円くらいを包むのがマナーと言えます。

結婚式のご祝儀マナー、式場、食事、引き出物の差引で考えて..
結婚式のご祝儀マナー、式場、食事、引き出物の差引で考えて..

結婚式のご祝儀マナー、式場、食事、引き出物の差引で考えて..

結婚式のご祝儀マナー、式場、食事、引き出物の差引で考えて..
結婚式は新郎や新婦はもちろん幸せな気分ですが、緊張をしてしまうものです。
結婚式自体はなかなか味わう機会が無い行事とえいますので、同じように親族もうれしさや緊張を味わうものです。
招待される側も結婚式に行く機会は当然少ない人の方が多いので、結婚式などのマナーを知っている人は少ないとも言えます。
結婚式の招待状が届いたら、返事は4、5日くらいで出したいところです。
一番頭を抱え込みやすいのが、ご祝儀をどのくらいの額を包んだらよいかという所ではないでしょうか。新郎新婦との関係が友人や知人である場合は一般的な相場額としては3万円です。
職場の同僚、部下なども3万円で良いですが、上司の場合は5万円の方が望ましいかもしれません。年齢にもよりますが、20代、30代、40代に上がるにつれて気持ち金額を上げていく感じと言えます。
ご祝儀は気持ちなので見栄を張ったり、無理はしなくて良いのですが、式場、食事、引き出物などの差引を考えれば最低限のマナー額として3万円くらいが妥当です。

ご祝儀で控えたいことは、偶数の数字と4や9を使用しないこと。ですので、4万円や9万円を包んでしまったり、偶数の2、6、8万円を包んだりするのは控えたいところです。
9や4は縁起の悪い言葉が連想されますので控えましょう。
同じく偶数の数字は金額を半分にできてしまうことから縁起が悪いとされていますので、最低限のマナーとして覚えておきましょう。
2万円などを包む場合は、お札の枚数を奇数にするようにします。
(1万+5千+5千が理想です)(2万+1千も良いです)お札はピン札がマナーです。
結婚式は新郎新婦にとっては大切な行事と言えますので、礼儀やマナーを守り良い結婚式にしてあげたいものです。
おめでたい席だからと言って、はしゃぎ過ぎない、お酒を飲みすぎたりしないこと、携帯電話等はマナーモードにしておくなど、当たり前のマナーを守ることが大切と言えます。


Copyright(c) 2015 結婚式のご祝儀マナー、式場、食事、引き出物の差引で考えて.. All Rights Reserved.